外国為替とは
FXとは
FXのリスク
FXの取引
取引通貨について
情報の見方について
 
レバレッジ効果によるリスク

FXにおいて、最も大きなリスクになり得るリスクについての紹介

「レバレッジ」の語源は「てこの原理」で、少ない力で大きな効果を出すということから、少額で大きな取引を行うことを言います。また、証拠金の何倍の外貨を取引するか、という倍率のことも指します。

少額で大きな取引を行うことが出来る為、予想通りにレート変動すれば、大きく利益を上げることも出来ますが、失敗すれば、大きな損失を出しかねません。その為、『ハイリスク・ハイリターン』の取引だと言えます。

例えば、レバレッジ倍率が1倍(投資金額=取引金額)の時には、1万円の利益しか出ない場合でも、レバレッジ倍率を100倍で取引を行えば、100万円の利益が生み出せるということになります。

逆に、1倍の時には1万円しか損失が出ない場合でも、100倍の取引を行えば100万円の損失になってしまいます。これがリバレッジ効果によるリスクです。

この時、損失額が自己負担できる金額なら、問題はありませんが、自己解決できない場合には「破産」にもなり兼ねない為、注意が必要となります。

しかし、このレバレッジ倍率は各業者により設定の倍率が異なってもいますが、自分で自由に決めることが出来ます。その為、ハイリターンを望めばハイリスクになりますが、ローリターンで満足するならローリスクに抑えることが可能です。

 

2008(C) XXXXXXXX