外国為替とは
FXとは
FXのリスク
FXの取引
取引通貨について
情報の見方について
 
FXならではの利点

取り扱う商品が「貨幣」であるFXならではの利点を紹介

通常の売買(取引)では、まず商品を買って、その商品を買値よりも高い金額で売ることで、差額分を利益として受け取ることになります。つまり、最初に商品を買わなければ売ることが出来ません。

FXの場合には、取り扱う商品が貨幣である為に、?売り?と?買い?の どちらからでも スタートできる、という利点があります。

ちなみに、FXは信用取引の為、差益を出すことで初めて取引が完了します。つまり、?買い?と?売り?は1セットだということになります。?買う?取引を行えば、取引を完了させる為には?売る?取引を行わなければいけません。

外貨の売買を簡単にいうと、
?買う?ということは、自分の国の口座に外貨を入金する、ということになり、
?売る?ということは、相手の国の口座に日本円を入金する、ということになります。

例えば、
1ドルを100円で?買い?1ドルを101円で?売る?ときには、1円の 利益 になります。
一方、100円を1ドルで?売り?1ドルを101円で?買う?ときには、1円の 損失 となります。

この場合、どちらも1ドル=100円で取引後、1ドル=101円で再取引をしているので、為替レートの動きは同じです。 しかし、?買い?と?売り?のどちらから始めるかで、利益と損失の違いが出てきます。

これは、的確な取引法を選ぶことで?「円高」になろうとも「円安」になろうとも利益が出せる?ということで、為替取引の利点の一つだとも言えます

2008(C) XXXXXXXX