外国為替とは
FXとは
FXのリスク
FXの取引
取引通貨について
情報の見方について
 
外国為替について

最近、為替という言葉をよく耳にする機会が増えましたが、そもそも「為替」とは何でしょうか? 国語辞典で調べてみると、「為替」=昔は「かはし」と呼ばれており意味は「交わる=交換」の意味がこめられていたとの事。

さらに詳しく述べると、「物々交換」、「金銭交換」ではなく「現金輸送をともわない遠隔地間の資金決済、資金移動手段」として発達したそうです。

特に江戸時代には国内流通が整備され、多くの商品が大阪=江戸間を大量の商品と共に行き来していました、その度に支払い代金を携帯するのは荷物が増えるだけではなく道中の安全のためにも避けられていました。

では、代金の支払いはどうしていたか?
これは現代の銀行の仕組みを考えれば理解できます。

たとえば東京の商人が九州の商人から商品を購入したい場合。

遠隔地の商人と取引するため、東京の商品は九州の商人と取引のある両替商に取引額と同等のお金を渡します。お金を確認した両替商は販売先の九州商人への貸付帳面から代金分の貸付を差し引きします。

この取引方法によって遠隔地同士の商人が現金輸送することなく簡単に 代金決算 が出来るようになったのです。

現代でいうと「銀行振り込み」や「銀行振り替え」がそれに該当します。
両替商の代わりが銀行になったと考えると良いでしょう。

為替のシステムは日本だけではなく海外でも同じように発達し今も機能しています。

2008(C) XXXXXXXX