外国為替とは
FXとは
FXのリスク
FXの取引
取引通貨について
情報の見方について
 
日本円の特徴

日本の通貨?日本円(JPY)?の特徴についての紹介

狭い国土で、世界の三大通貨の?円?を通貨としている日本ですが、その経済は、世界のあらゆる動きに対して敏感に影響していまう、不安定な経済とも言えます。 また、円高のスピードは早く、円安は緩慢に長く続くという傾向も見られます。

資源を輸入に依存
日本は、国土の狭さから、原材料を自国生産出来ずに輸入に頼っています。その為、原材料などの資源の価格が日本経済に大きく影響します。

例えば、1970年代のオイルショックや、近年の原油価格の高騰などは一般国民の生活にダイレクトに影響を与えています。

収入を輸出に依存
世界三大通貨の中で、アメリカは約3億人、欧州連合は約4億人、そして日本は約1.3億人の人口です。国土が狭い日本では人口が少ないこともあり、自国内の流通だけでは経済的に不安定で輸入による収入に依存している傾向があります。

また、人件費の関係から、日本企業が海外に工場を移設していることも、この依存傾向に拍車をかけていると思われます。

その為、世界の景気がよければ日本の製品が売れ、日本企業の業績上がる為、日本の景気も良くなりますが、逆に世界景気の悪化は日本の景気の悪化にも繋がります。
そのような日本経済の背景にから、世界の景気が良くなれば、最も恩恵を受ける国のひとつであると、世界の投資家が日本円を買い、為替にも影響を与えます。

アメリカとの関係
世界の景気がよいと「円高」に、逆の場合は「円安」になることが多い日本円ですが、特にアメリカ経済の影響は大きいです。日本とって中国に次ぐ第2位の貿易相手国であることや、日米安全保障条約などの関係から、その影響は大きく、アメリカの金利変動などに対しても敏感に反応を示します。

政策による市場操作
その国の経済を安定させる為に、政策による市場操作が行われますが、日本では財務省の指示により「日本銀行」が直接介入して市場操作を行っています。

その為、ニュースなどの日銀総裁のコメントなどに、敏感に反応することも多いと言われています。

2008(C) XXXXXXXX