外国為替とは
FXとは
FXのリスク
FXの取引
取引通貨について
情報の見方について
 
指値/逆指値注文

FXの様々な注文方法の中の「指値注文」「逆指値注文」について紹介

FXの取引には様々な注文の方法があり、その時の状況に合わせて、注文方法を選択する必要があります。

指値/逆指値注文とは、値段を指定して取引を行う注文方法のことを言い、予め値段を指定する事により、自分の想定通りの金額で売買が出来るメリットがあります。

また、取引業者によっては有効期限が設定されている為、指定期限までにその値段にならなかった場合には注文は無効になってしまう場合もあります。

指値注文
指値注文は、金額を指定して注文しますが、注文の際に、その時点より好条件になった場合に取引を行う注文方法です。

具体的には、
買い注文の時には、現在の値段より、安い値段で注文をします。
逆に、売り注文は、現在の値段より、高い値段で注文をします。

逆指値注文
指値注文と同じく、値段を指定して取引を行う注文方法ですが、注文の際に、その時点より悪条件になった場合に取引を行う注文方法になります。

具体的には、
買い注文の時には、現在の値段より、高い値段で注文をします。
逆に、売り注文は、現在の値段より、安い値段で注文をします。


逆指値注文の必要性
悪条件を指定して取引注文を行う逆指値注文ですが、その必要性を一言で言うと「損切り」をする為です。

為替レートは様々な要因により常に変動をしています。時には、自分の思惑と違った動きをして損失が出てしまう場合もあります。

損失が出てしまった場合には、損失を出来るだけ少なく抑える為に「損切り」という方法をとることになりますが、この損切りの値段を指定するのが逆指値注文ということになります。

つまり、リスク管理の方法として利用されるのが?逆指値注文?と言うことが出来ます。

2008(C) XXXXXXXX