FXを知る
取引業者を決める
新規注文
投資と情報

投資は、将来的に資産が増えることを見越して現在の資産を利用するものです。将来的に資産を増やせるかどうかを判断するには、情報を分析して的確な予想を立てるより他ありません。

情報を分析するには、まず、情報を収集することになりますが、この情報源は大きく、“過去のデータ”と“現在の事象”の2つに分けることができ、これらの情報を分析する方法として「テクニカル分析」「ファンダメンタル分析」があります。

テクニカル分析

テクニカル分析とは、“過去のデータ”から将来を予測する方法で、主にチャートと呼ばれる為替の動きをグラフ化したものを利用して分析が行われます。

テクニカル分析は、始値、終値、高値、安値の4つの価格と出来高という取引数によって、それぞれの投資家がチャートを作り分析されます。

チャートの種類や分析法は、投資家の数ほどあると言われ、人によって分析の結果に大きな差があるようです。

これは、各投資家が、自分なりの理論に則って分析している為であり、そのことからも複数の分析法を併用し、トータルで分析する必要があるとも言えます。

ファンダメンタルズ分析

ファンダメンタルズは “経済の基礎的要因”という意味を持っており、国や企業などの経済状況などを表しています。

つまり、ファンダメンタルズ分析とは、様々な経済状況の中から、将来の相場変動を予測する分析方法だということが出来ます。

FXは通貨の取引になるので、その通貨が利用されている国やその関係諸国との経済状況を把握することで分析を行います。

経済状況を把握する為の情報は、日頃のニュースなどの身近な情報から国が公表している各指標まで幅広く、正確な分析さえ出来ればその正確性は確かなものになると言えますが、あらゆる事象が情報になり得ることから、正確な予測は不可能だと言われています。

ファンダメンタルズ分析によく利用される情報源として各国の指標がありますが、その代表的なものとして、「経済成長率」「物価上昇率」「失業率」「国際収支」「金利水準政治情勢」などがあります。

各社FXサービスの紹介
日本国内のFX

サイバーフォレックス

FXプライム

フォーランド
・オンライン
外資系のFX

CMS fornex


ディールブック360


フィリップ
ファイナンシャルズ
くりっく365のFX

H.F.「くりっく365」

INV@ST「くりっく365」

ネットレFX
FX用語集
取引に関する用語
信用取引
差金決済
証拠金
レバレッジ
取引単位
ロスカット
くりっく365
ロールオーバー
収益に関する用語
キャピタルゲイン
インカムゲイン
手数料
スプレット
利食い
損切り
両建て
分散投資
情報に関する用語
ゴールデンクロス
デッドクロス
外国為替市場
ブローカー
チャート
ローソク足
テクニカル分析
ファンダメンタルズ分析
注文方法に関する用語
成行注文
IFD注文
指値注文
FO注文
逆指値注文
OCO注文
トレール注文
経過チェック
決済注文
取引後の処理
FXの比較
運営者情報
(C) 脱 FX初心者 自分で作るシステムトレード