FXを知る
取引業者を決める
新規注文
外国為替市場

FXのように異なる通貨同士が取引される場所を「外国為替市場」と呼びます。

「市場」として日本で最も有名なのは、築地にある「東京都中央卸売市場」だと思われますが、築地の中央卸売市場は日本最大の魚市場として日本中で漁獲された魚介類が売買されています。

同じように、外国為替市場は“外国為替”、つまり世界中の通貨が売買されている場所になります。

外国為替市場

世界各国には、外貨を扱っている銀行(=外国為替銀行)が数多く存在します。
これらの銀行は、貿易外社や海外投資を扱っている証券会社、外国貨幣の交換を行う両替商などが持っている業務によって得た外貨を自国の通貨に換金する業務を行っています。

世界中にある外国為替銀行は、自行の業務によって得た外貨を他国の外国為替銀行と換金することで自国の通貨を常にストックしておきます。

この外国為替銀行間で行われる通貨の換金を「銀行間取引」と言い、この銀行間取引が行われている外国為替銀行のことを「銀行間市場(=インターバンク市場)」と呼んでいます。

外国為替ブローカー

インターバンク市場における取引には、「外国為替ブローカー」と言う存在が仲介して行われます。

正確には、外国為替ブローカーが仲介をして行われる方法と直接銀行間で取引が行われる方法の2つがありますが、実際には、取引条件が合う相手銀行を見つけるというのは極めて少ない為、殆どの場合がブローカーを仲介して行われる取引のようです。

これは、一般投資家が証券会社を通して通貨の売買が行われるのと同じことで、日常生活に当てはめると、ネットオークションなどを利用して商品を個人売買することにも当てはめることが出来ます。

外国為替市場の所在

世界各国にある外国為替市場ですが、実はドイツやイタリア、フランスなどの一部を除き、ニューヨークやロンドン、東京などの多くの外国為替市場は実在していません。

外国為替の取引手段は、当事者が集まって売買を行う取引所による取引と、電話やファックス、インターネットなどの通信による取引があります。

つまり、インターネットなどの通信による取引では、取引所のように特定の場所に集まって売買する為、実在する必要が無いのです。

東京外国為替市場も通信による売買が行われている為、“市場”という場所が存在せず、外国為替ブローカーや外国為替会計の代理人である日本銀行がその場で外国為替の売買を行っています。

この通信による取引は、差金決済のようにデータのやり取りになる売買になり、通信環境さえ整っていれば、どこの国に居ても取引が行えます。

このことにより、通貨の売買は、その国の外国為替市場の営業時間内での取引になりますが、常にどこかの国の市場は営業しているので、実質、外国為替の取引は24時間行われていることになります。

各社FXサービスの紹介
日本国内のFX

サイバーフォレックス

FXプライム

フォーランド
・オンライン
外資系のFX

CMS fornex


ディールブック360


フィリップ
ファイナンシャルズ
くりっく365のFX

H.F.「くりっく365」

INV@ST「くりっく365」

ネットレFX
FX用語集
取引に関する用語
信用取引
差金決済
証拠金
レバレッジ
取引単位
ロスカット
くりっく365
ロールオーバー
収益に関する用語
キャピタルゲイン
インカムゲイン
手数料
スプレット
利食い
損切り
両建て
分散投資
情報に関する用語
ゴールデンクロス
デッドクロス
外国為替市場
ブローカー
チャート
ローソク足
テクニカル分析
ファンダメンタルズ分析
注文方法に関する用語
成行注文
IFD注文
指値注文
FO注文
逆指値注文
OCO注文
トレール注文
経過チェック
決済注文
取引後の処理
FXの比較
運営者情報
(C) 脱 FX初心者 自分で作るシステムトレード