FXを知る
取引業者を決める
新規注文
基本的な新規注文

口座開設などの初期準備が終わり、通貨ペアを選定すれば、いよいよ取引のスタートになります。

選定した通貨ペアを取引するには、“買い”にしろ“売り”にしろ、取引業者に発注することになります。

発注の方法は各業者によって様々な方法が設定されていますが、基本的には「成行注文」「指値注文」「逆指値注文」の3つの注文方法の組み合わせとアレンジになります。

この3つの基本的な注文の方法の中で、「指値注文」と「逆指値注文」は価格を指定して取引を行う方法になる為、新規注文でこれらの注文方法を効果的に利用するには、高度な分析力が必要になり、特に初心者の場合は、決済注文で利用する注文方法になるかと思われます。

成行注文

成行注文は、その名が示すように“成行き(その時点)の価格で売買をする注文”になります。

発注した時点での価格で売買される為、いち早く取引を約定させたい場合に利用される注文方法になります。

デイトレードのように相場の変動を常にチェックできるスタイルの投資の場合に、メインとなる注文方法だと言えます。

この注文方法のデメリットは、発注した価格と約定した価格に誤差が生じる場合があると言うことです。

これは、発注と約定の間に多少のタイムラグが生じてしまうことによって起こります。

このタイムラグの時間は、通常ごく短い時間になる為、基本的には同一の価格で売買がされますが、急激に相場が変動している場合や、取引業者が異常に込み合っている場合などに起こりえます。

また、発注価格と約定価格に大きな差が出てしまった場合には、その発注がキャンセルになってしまうことがあり、その場合には、発注のし直しが必要になります。

成行注文の種類

成行注文は、その時点での価格で取引される注文方法ですが、発注と約定のタイムラグによって価格に差が出てしまう場合があります。その問題を解決させた注文方法として、「ストリーミング注文」「クォート注文」などと呼ばれる注文方法があります。

これらの注文方法は、発注時点に画面に表示されている価格で売買がされ注文方法で、利用方法は成行注文と同じだと言えます。

つまり、通常の成行注文の場合は、表示されている価格は参考値でしかありませんが、ストリーミング注文やクォート注文の場合は、表示されている価格が約定価格になると言うことです。

これらの注文方法は、その名称や細かい内容など、各取引業者によって異なっており、通常の成行注文と両方の注文方法が設定されている場合と、どちらか片方のみ設定されている場合があります。

各社FXサービスの紹介
日本国内のFX

サイバーフォレックス

FXプライム

フォーランド
・オンライン
外資系のFX

CMS fornex


ディールブック360


フィリップ
ファイナンシャルズ
くりっく365のFX

H.F.「くりっく365」

INV@ST「くりっく365」

ネットレFX
FX用語集
取引に関する用語
信用取引
差金決済
証拠金
レバレッジ
取引単位
ロスカット
くりっく365
ロールオーバー
収益に関する用語
キャピタルゲイン
インカムゲイン
手数料
スプレット
利食い
損切り
両建て
分散投資
情報に関する用語
ゴールデンクロス
デッドクロス
外国為替市場
ブローカー
チャート
ローソク足
テクニカル分析
ファンダメンタルズ分析
注文方法に関する用語
成行注文
IFD注文
指値注文
FO注文
逆指値注文
OCO注文
トレール注文
経過チェック
決済注文
取引後の処理
FXの比較
運営者情報
(C) 脱 FX初心者 自分で作るシステムトレード