FXを知る
取引業者を決める
新規注文
リスクヘッジ

「ハイリスク・ハイリターン」という言葉があるように、リターンを得ようと思えば必ずそれ相応のリスクが付いてきます。

このリスクを小さくすることを「リスクヘッジ」と言いますが、投資活動において、リスクヘッジを行って損失を出来るだけ少なくすることが重要になってきます。

リスクヘッジの方法や考え方は様々あり、レバレッジ倍率の調整によってリターンを少なくし、その分リスクを押さえるという方法の他に、「利食い」「損切り」によって“ハイリスク・ハイリターン”を“ローリスク・ミドルリターン”にすることも可能になります。

この2つのリスクヘッジの方法は、いずれも決済注文のタイミングを見極めることで行われる為、情報の収集や分析が必要不可欠になります。

また、新規注文の「IFD注文」や「IFO注文」などは、新規注文と同時にこれらのリスクヘッジを行っているということになります。

利食い

利食いとは、相場が良くなって利益が出ている状態で、決済売買を行い、利益を確定させることを言います。

つまり、相場の変動によって損失に変わる前に、利益が確定している段階で決済を行うことで、リスクヘッジになるということです。

『頭と尻尾はくれてやる』という投資界の格言が示すように、天井値や底値を正確に把握するのは不可能に近いため、利益が確定している段階で決済をしてしまうことが結果的にトータルで大きな収益を得ることになります。

損切り

損切りとは、損失になっている状態で決済を行うことを言います。

リスクヘッジにおける「損切り」のポイントは、“いかに少ない損失で決済をするか”ということになります。

為替相場は常に変動をしている為、一度悪くなっても、また回復することが殆どです。
しかし、“どこまで悪くなるか”“いつ良くなってくるか”を正確に把握することはできません。

その為、損失が大きくなる前にポジションを手放して、より効率よく収益が上げられる通貨ペアにシフトする方が利益に繋がりやすくなります。

損切りのポイント

投資の失敗例として多いのが“損切りのタイミング”です。
つまり、いつ上がるか分からないのに、再び上がることを期待してポジションを持ち続けることで、損失が拡大して、ロスカットになってしまえば、その損失を挽回することも無く、損失だけが残ってしまうということです。

その為、「IFD注文」や「IFO注文」のように、最初から、損切りする価格を決めておくことが重要になり、同じように、損切りの価格を決めて、不確かな理由でその価格を変更しないことが重要になります。

仮に、損切りされてしまった後に相場が良くなることがあれば、改めて新規注文をすることで同じように利益を出すことが出来ます。

投資を行う場合には、“いかに利益を大きくするか”よりも“いかに損失を出さないか”が重要になり、損失を出さないと言うことが結果的に利益を大きくすることに繋がるのです。

各社FXサービスの紹介
日本国内のFX

サイバーフォレックス

FXプライム

フォーランド
・オンライン
外資系のFX

CMS fornex


ディールブック360


フィリップ
ファイナンシャルズ
くりっく365のFX

H.F.「くりっく365」

INV@ST「くりっく365」

ネットレFX
FX用語集
取引に関する用語
信用取引
差金決済
証拠金
レバレッジ
取引単位
ロスカット
くりっく365
ロールオーバー
収益に関する用語
キャピタルゲイン
インカムゲイン
手数料
スプレット
利食い
損切り
両建て
分散投資
情報に関する用語
ゴールデンクロス
デッドクロス
外国為替市場
ブローカー
チャート
ローソク足
テクニカル分析
ファンダメンタルズ分析
注文方法に関する用語
成行注文
IFD注文
指値注文
FO注文
逆指値注文
OCO注文
トレール注文
経過チェック
決済注文
取引後の処理
FXの比較
運営者情報
(C) 脱 FX初心者 自分で作るシステムトレード