FXを知る
取引業者を決める
新規注文
相場の動き

新規注文ができたら、そのタイミングで決裁注文を出すかを判断する為に、今後の相場について、その値動きを予想しなければいけません。

相場の動きを予測する方法として代表的なのが「テクニカル分析」、いわゆるチャートの活用です。

チャートの種類

チャートは、為替相場の動きをグラフに表したものですが、その種類は多く、投資家の中には独自のチャートを作っている人も数多くいるようです。

一般的に広く利用されているのは、棒状で表される「ロウソク足」、折れ線で表される「折れ線足チャート」、曲線で表される「移動平均線」などがあります。

チャートは、表される周期によって大まかには「短期」「中期」「長期」、細かくは「1分足」「1日足」「1週間足」など周期の長さによって使い分けられます。

ローソク足

元々は、江戸時代に日本であみ出されたチャートですが、現在では世界中に普及され、最も広く利用されているチャートだと言われています。

ローソク足は、“白と黒”や“青と赤”など、2つに色分けされた2本の棒と、そこから上と下に伸びる線によって、「始値」「終値」「高値」「安値」の4つの価格を一度に表したチャートです。

トーソク足が示す「始値」「終値」は、「1分足」や「1日足」のように任意の周期の最初の価格と最終の価格を示しています。

ローソク足の形や連続したローソク足によって、その後の相場の動きを予測します。

折れ線足チャート

折れ線足チャートは、一般的に様々な業種で利用されているような1本の折れ線によって相場の動きを表したチャートで、通常は任意の周期の終値を直線で結ぶことでグラフ化されています。

折れ線足チャートは、全体的な相場の動きを感覚的に捉えることが出来るのが特徴だと言えます。

移動平均線

移動平均線は、折れ線足チャートを曲線で表したようなチャートになりますが、折れ線足チャートが一定周期の終値を結んだチャートなのに対して、移動平均線は“一定周期の終値の平均値”を結んだチャートになります。

この一定期間の周期によって「5日線」「25日線」「13週線」などと呼ばれ、折れ線足チャートと同じように全体的な相場の動きを感覚的に捉えることが出来ます。

また、「買いサイン」「売りサイン」と言われるゴールデンクロスやデッドクロスを導き出す方法として、周期の異なる2本の移動時平均線が利用されています。

各社FXサービスの紹介
日本国内のFX

サイバーフォレックス

FXプライム

フォーランド
・オンライン
外資系のFX

CMS fornex


ディールブック360


フィリップ
ファイナンシャルズ
くりっく365のFX

H.F.「くりっく365」

INV@ST「くりっく365」

ネットレFX
FX用語集
取引に関する用語
信用取引
差金決済
証拠金
レバレッジ
取引単位
ロスカット
くりっく365
ロールオーバー
収益に関する用語
キャピタルゲイン
インカムゲイン
手数料
スプレット
利食い
損切り
両建て
分散投資
情報に関する用語
ゴールデンクロス
デッドクロス
外国為替市場
ブローカー
チャート
ローソク足
テクニカル分析
ファンダメンタルズ分析
注文方法に関する用語
成行注文
IFD注文
指値注文
FO注文
逆指値注文
OCO注文
トレール注文
経過チェック
決済注文
取引後の処理
FXの比較
運営者情報
(C) 脱 FX初心者 自分で作るシステムトレード