FXを知る
取引業者を決める
新規注文
取引機能で比較

それぞれの取引業者は独自の取引システムを使って様々なサービスを行っています。

各社の取引システム

  特徴
サイバーフォレックス <サイバーフォレックス>
通貨別「売」「買」ボタンでスピード発注はFX業界の先駆けて行ったシステム
シンプルな表示画面で初心者でも分かりやすく、気軽に取引が行えることで好評
※Windows / Macに対応
FXプライム 「選べる外資」取引システム
「チャートナビRT」を利用することで、豊富なインターバルチャートやテクニカル分析ツールを利用することが出来ます。
※Windowsのみ対応
フォーランド
・オンライン
<Foreland Online>
「リアルタイムレート」「ロイターニュース」「分析チャート」「ターゲットメール」などの情報ツールだけでなく、「シミュレーション機能」を使って口座状況の変化を確認することが出来ます。
※Windowsのみ対応
CMS forex <VTTrader>
チャート上から注文が出来るのが特徴的な取引システム。
豊富なテクニカル分析をチャート上に同時に表示することができ、幅広いカスタマイズ機能も備えています。
※Windowsのみ対応
ディールブック360 <DealBook360>
感覚で操作ができると言う使いやすさで、世界的に評判の良い取引システム
チャート機能が豊富で豊富なカスタマイズ機能で初心者から上級者まで対応。豊富な注文機能でスピーディーな取引に適しています。 ※Windowsのみ対応
フィリップ
ファイナンシャルズ
WinTrader
15種類のプロフェッショナル仕様の高度な分析ツールを備えた取引システム
Bar, Candle, Line, Scatterという4種類のチャートは、それぞれ1分足、5分足、15分足、60分足、日足を表示することが出来ます。
※Windows / Macに対応
H.F.「くりっく365」
くりっく365独自の情報サービスとして「e-profit FX」で公設取引所の相場を、リアルタイムに閲覧。また、市況、チャートなど、役立つ情報も豊富。
※Windowsのみ対応
INV@ST
「くりっく365」
(自社システム)
通常のくりっく365取引には取引所のASPサービスが利用されていますが、INV@ST独自のシステムを開発・導入することで、「無期限注文」「日曜日のログイン」などのサービスを展開。
※Windowsのみ対応
ネットレFX
「マーケット情報サービス」で、テクニカル分析口座を受けることが出来ます。
※Windowsのみ対応

 

どの取引業者も独自のサービスを行っているので、比較の仕方が難しいと思われますが、初心者としての選択として、世界的に定評のある「ディールブック360」や、くりっく365という公的取引所において、利便性の高い独自のサービスを開始した「INV@ST」が高い評価を得そうです。

また、WindowsだけでなくMacにも対応している「サイバーフォレックス」と「フィリップファイナンシャルズ」も人によっては高い評価を付けるのではないでしょうか。

各社FXサービスの紹介
日本国内のFX

サイバーフォレックス

FXプライム

フォーランド
・オンライン
外資系のFX

CMS fornex


ディールブック360


フィリップ
ファイナンシャルズ
くりっく365のFX

H.F.「くりっく365」

INV@ST「くりっく365」

ネットレFX
FX用語集
取引に関する用語
信用取引
差金決済
証拠金
レバレッジ
取引単位
ロスカット
くりっく365
ロールオーバー
収益に関する用語
キャピタルゲイン
インカムゲイン
手数料
スプレット
利食い
損切り
両建て
分散投資
情報に関する用語
ゴールデンクロス
デッドクロス
外国為替市場
ブローカー
チャート
ローソク足
テクニカル分析
ファンダメンタルズ分析
注文方法に関する用語
成行注文
IFD注文
指値注文
FO注文
逆指値注文
OCO注文
トレール注文
経過チェック
決済注文
取引後の処理
FXの比較
運営者情報
(C) 脱 FX初心者 自分で作るシステムトレード