運営者情報  
 
 
 
TOP >> 中国(JPY/CNY)
 
シミュレーション〜JPY/CNY

中国 元は米ドルと連動していましたが、2005年7月にドルペッグ制が廃止され、通貨バスケット方式が採用されました。

中国は近年、高い経済成長を示しています。しかしながら、中国共産党の影響力がとても強く、為替レートも中国人民銀行の管理のもと政策的に決定されています。

今後アジアの中心的な役割を担う可能性が最も高いと言えるのですが、銀行の不良債権問題や都市部と農村部の生活格差など、様々な問題を抱えているのも事実です。

FXにおいての中国人民元と円のぺアでは現在の中国では利息をつけていないので、買い、売り両方ともスワップを払い続けなければならない点も注意が必要です。

また、現在取り扱っている取引会社はそう多くはないのですが、今後増える可能性は十分にあります。

ここでは、リスクを管理する目的でトレール注文とOCO注文を選んでシミュレーションしてみましょう。

資金は100万円、ロスカットラインは80万円とします。

まず選択するのはレバレッジの高さです。

為替レート 2007/1/5
Swap単位:円
日付 Bid Ask Change Hi Low 買Swap 売Swap
1/1 17.56 17.52 0.18 17.60 17.25 +37 ー37
1/2 17.47 17.43 -0.14 17.57 17.24 +37 ー37
1/3 17.65 17.61 0.25 17.85 17.45 +37 ー37
1/4 17.76 17.72 0.14 17.67 17.34 +37 ー37
1/5 16.81 16.77 -0.98 17.60 17.25 +37 ー37
レバレッジ約30倍で取引するので、
取引証拠金として
5,000円を投資
レバレッジ約200倍で取引するので、
取引証拠金として
1,000円を投資
アメリカ(JPY/USD) EU(JPY/EUR) 中国(JPY/CNY) 南アフリカ(JPY/ZAR)
おすすめFX会社比較
投資とギャンブル 通貨の取引 外貨預金とFX 円高・円安の意味 外国為替証拠金取引 外国為替市場 取引所取引 FXによる収益 リスクとリターン リスクヘッジを知る 投資と情報 情報の種類
投資スタイルを決める 資産管理 料金設定 取引形態 口座の開設
取引額の決定 通貨ペアと決める 買いサイン・売りサイン シミュレーション 基本的な新規注文 応用的な新規注文
投資理論 リスクヘッジ 相場の動き 収益率の高い取引 両建てのワナ
決済のタイミング 決済をしない取引 基本的な決済注文 応用的な決済注文
口座残高からの出金 税金 新たな投資 強制決済後の取引
 
 
取引に関する用語 収益に関する用語 情報に関する用語 注文方法に関する用語
信用取引 差金決済 キャピタル
ゲイン
インカムゲイン ゴールデン
クロス
デッドクロス 成行注文 IFD注文
証拠金 レバレッジ 手数料 スプレット 外国為替市場 ブローカー 指値注文 IFO注文
取引単位 ロスカット 利食い 損切り チャート ローソク足 逆指値注文 OCO注文
くりっく365 ロールオーバー 両建て 分散投資 テクニカル分析 ファンダ
メンタルズ分析
トレール注文