運営者情報  
 
 
 
TOP >> EU(JPY/EUR)
 
シミュレーション〜JPY/EUR

現在紙幣流通量が順調に伸び、現在では6000億ユーロにものぼる欧州圏の単一通貨ユーロ。2007年には欧州連合27カ国中13カ国が公式に採用しています

市場の拡大にともない、為替レートと市場の安定性も向上し、さらに加盟各国の金利およびインフレ率が低くなるという利点がある一方、大小さまざまな国で構成されているため為替変動要因が掴みにくいというデメリットもあります。

ここではその様な背景を持つユーロを、レバレッジを高く設定して取引するとどのような流れになるのかをシミュレーションしてみたいと思います。

“買い”から始めるか、“売り”から始めるか
為替レート 2007/1/1
Swap単位:円
通貨ペア Bid Ask Change Hi Low 買Swap 売Swap
ユーロ円 165.86 165.82 -0.16 166.07 165.62 +142 ー142

取引保証金は1万通貨あたり15.000円

各項目の意味は以下のようになります。

  • Bid : 今現在の売値のレート
  • Ask : 今現在の買値のレート
  • Change : 前営業日の終値からの変化を表しています
  • BidOpen : 売取引レート始値
  • BidHi : 売取引レートでもっとも高値になった値段
  • BidLow : 売取引レートでもっとも安値になった値段
  • 買Swap : 1万通貨あたりの買ポジションに対するスワップ暫定値
  • 売Swap : 1万通貨あたりの売ポジションに対するスワップ暫定値

1万ユーロあたり必要な取引保証金額は15.000円とするとレバレッジはおよそ100倍になります。

では取引を開始してみましょう。

100万円の資金で取引できる66万ユーロを取引してみましょう。

ロスカットラインは低めに設定し、20%つまり80万円以上の損害の発生で強制決済になると仮定します。

まずは買う まずは売る
アメリカ(JPY/USD) EU(JPY/EUR) 中国(JPY/CNY) 南アフリカ(JPY/ZAR)
おすすめFX会社比較
投資とギャンブル 通貨の取引 外貨預金とFX 円高・円安の意味 外国為替証拠金取引 外国為替市場 取引所取引 FXによる収益 リスクとリターン リスクヘッジを知る 投資と情報 情報の種類
投資スタイルを決める 資産管理 料金設定 取引形態 口座の開設
取引額の決定 通貨ペアと決める 買いサイン・売りサイン シミュレーション 基本的な新規注文 応用的な新規注文
投資理論 リスクヘッジ 相場の動き 収益率の高い取引 両建てのワナ
決済のタイミング 決済をしない取引 基本的な決済注文 応用的な決済注文
口座残高からの出金 税金 新たな投資 強制決済後の取引

証券会社比較ランキング

投資信託比較

日経225先物取引比較

CFD取引比較

外国為替FX比較

商品先物取引比較

 
 
取引に関する用語 収益に関する用語 情報に関する用語 注文方法に関する用語
信用取引 差金決済 キャピタル
ゲイン
インカムゲイン ゴールデン
クロス
デッドクロス 成行注文 IFD注文
証拠金 レバレッジ 手数料 スプレット 外国為替市場 ブローカー 指値注文 IFO注文
取引単位 ロスカット 利食い 損切り チャート ローソク足 逆指値注文 OCO注文
くりっく365 ロールオーバー 両建て 分散投資 テクニカル分析 ファンダ
メンタルズ分析
トレール注文