運営者情報  
 
 
 
TOP >> FXを知る >> 取引所取引
 
取引所取引

FXの取引の殆どは通信による取引で、実在していない外国為替市場も多くあります。

世界三大外国為替市場にも数えられる東京の外国為替市場も実在はしていませんが、日本で取引されるFXでは、「取引所取引」と「非取引所取引」という2つの取引形態があります。

くりっく365

通常のFXでは、インターネットなどを利用して取引を行う為、取引所の存在が不要になりますが、日本では個人投資家の保護を目的に、現・財務省管轄の取引所として設立された「東京金融先物取引所」においてFXの取引が行われています。

この東京金融先物取引所は、1989年に設立され、金利先物等取引市場を開いてきましたが、FXを行う個人投資家の急増を背景に、「取引所為替証拠金取引(=くりっく365)」を2005年から開始しました。

取引所と非取引所

一般的に、くりっく365による取引を「取引所取引」、くりっく365に参加しない取引を「非取引所取引」と言い、この2つの取引形態には、幾つかの相違点があります。

  くりっく365 非取引所
売買価格 参入業者の中で最も投資家に有利な価格 各業者の独自設定
スワップ・ポイント 買いと売りで同じポイント 買いと売りで同じポイント差あり
税金 申告分離課税・一律20% 総合課税
資産管理 完全信託保全 各業者による
信用リスク 公設取引所が保障 各業者による

●売買価格
売買価格は外国為替市場の基準価格をもとに、各取引業者が独自に決めています。
くりっく365の場合は、参加業者が提示する価格の中で、投資家にとって最も有利になるように、買い価格は最も安い価格を、売り価格は最も高い価格を設定しています。

つまり、スプレットが最も小さくなる組み合わせの価格で取引が行えるということになります。


●スワップポイント
インカムゲインとして直接収入に繋がるスワップポイントですが、一般的には、“買い”と“売り”ではスワップポイントに差があります。

これは、取引業者がスワップポイントに手数料を上乗せしている為で、プラスのポイントよりもマイナスのポイントの方が高く設定されています。

くりっく365では、このスワップポイントからの手数料を廃止し、同額で取引を行っています。これは、見えない手数料を加算せずに透明性のある価格設定を行っている為だと言えます。


●税金
FXの収益にも、通常の給与と同じように税金が課せられます。
一般的には、総合課税という方式によって、その他の所得と合算される為、合計の所得額によって税率が変わります。

くりっく365の場合は、申告分離課税の方式で一律20%という税率なので、総所得額の税率が20%を超えるような場合には、くりっく365の方が税金額を安く抑えることが出来ます。


●信用リスク
一般的な取引業者の場合、万が一取引業者が破綻した場合には、信託保全によってカバーされますが、信託保全のカバーでは資産を守るだけしかできず、全決済してしまうので取引までは守られません。

くりっく365の場合は、信託保全はもちろんですが、参加業者に取引を引き継ぐことも可能なので、資産だけでなく取引も守ることが出来ます。

アメリカ(JPY/USD) EU(JPY/EUR) 中国(JPY/CNY) 南アフリカ(JPY/ZAR)
おすすめFX会社比較
投資とギャンブル 通貨の取引 外貨預金とFX 円高・円安の意味 外国為替証拠金取引 外国為替市場 取引所取引 FXによる収益 リスクとリターン リスクヘッジを知る 投資と情報 情報の種類
投資スタイルを決める 資産管理 料金設定 取引形態 口座の開設
取引額の決定 通貨ペアと決める 買いサイン・売りサイン シミュレーション 基本的な新規注文 応用的な新規注文
投資理論 リスクヘッジ 相場の動き 収益率の高い取引 両建てのワナ
決済のタイミング 決済をしない取引 基本的な決済注文 応用的な決済注文
口座残高からの出金 税金 新たな投資 強制決済後の取引

証券会社比較ランキング

投資信託比較

日経225先物取引比較

CFD取引比較

外国為替FX比較

商品先物取引比較

 
 
取引に関する用語 収益に関する用語 情報に関する用語 注文方法に関する用語
信用取引 差金決済 キャピタル
ゲイン
インカムゲイン ゴールデン
クロス
デッドクロス 成行注文 IFD注文
証拠金 レバレッジ 手数料 スプレット 外国為替市場 ブローカー 指値注文 IFO注文
取引単位 ロスカット 利食い 損切り チャート ローソク足 逆指値注文 OCO注文
くりっく365 ロールオーバー 両建て 分散投資 テクニカル分析 ファンダ
メンタルズ分析
トレール注文