運営者情報  
 
 
 
TOP >> FXを知る >> 円高・円安の意味
 
円高・円安の意味

毎日、新聞やテレビなどで為替情報が報道されていますが、その中で最も多く使われているであろう言葉1つに「円高」「円安」があります。

これらの「円高」「円安」は、一般的に基軸通貨である米ドルを基準にして言われる言葉で、「円高ドル安」「円安ドル高」のようにセットで呼ばれることも多くあります。

これは、日本円と米ドルの関係を示しているので、“円が高くなる=米ドルが安くなる”ということで、単独で「円高」と呼ばれる場合でも同時に「ドル安」であることも意味しています。

円高ドル安

「円高ドル安」とは、“円の価値が上がって、その分ドルの価値が下がった”ことを意味しています。

日本では為替相場を表す時に、「1ドル=100円」などのように米ドルを基準に相場を表します。
この場合、“1ドルの価値は日本円にすると100円”という意味であり、円高になるということは、「1ドル=90円」のように日本円の表示価格が“下がった状態”を言います。

表示価格が下がっているので“円安”と捉えがちですが、“1ドルの価値は日本円にすると90円”という意味になり、同じ1ドルの価値が90円という少ない金額に相当するため、日本円の価値が上がったということが言えるのです。


「円高」、つまり日本円の価値が上がるということは、日本円に投資している場合に利益を得ることが出来るということになります。

つまり、FXの取引をしている場合には、“売りポジション”を保有していれば収益を得ることができ、“買いポジション”を保有していれば損失になっているということになります。

円安ドル高

「円安ドル高」とは、「円高ドル安」とは逆に“円の価値が下がって、その分ドルの価値が上がった”ことを意味しています。

日本では為替相場を表す時に、「1ドル=100円」などのように米ドルを基準に相場を表している為、円安になるということは、「1ドル=110円」のように日本円の表示価格が“上がった状態”を言います。

“1ドルの価値は日本円にすると110円”という意味になり、同じ1ドルの価値が110円という多い金額に相当するため、日本円の価値が下がったということが言えるのです。

「円安」、つまり日本円の価値が下がるということは、日本円に投資している場合に損失になるということになります。

つまり、FXの取引をしている場合には、“売りポジション”を保有していれば損失になり、“買いポジション”を保有していれば収益を得ることが出来るということになります。

アメリカ(JPY/USD) EU(JPY/EUR) 中国(JPY/CNY) 南アフリカ(JPY/ZAR)
おすすめFX会社比較
投資とギャンブル 通貨の取引 外貨預金とFX 円高・円安の意味 外国為替証拠金取引 外国為替市場 取引所取引 FXによる収益 リスクとリターン リスクヘッジを知る 投資と情報 情報の種類
投資スタイルを決める 資産管理 料金設定 取引形態 口座の開設
取引額の決定 通貨ペアと決める 買いサイン・売りサイン シミュレーション 基本的な新規注文 応用的な新規注文
投資理論 リスクヘッジ 相場の動き 収益率の高い取引 両建てのワナ
決済のタイミング 決済をしない取引 基本的な決済注文 応用的な決済注文
口座残高からの出金 税金 新たな投資 強制決済後の取引
 
 
取引に関する用語 収益に関する用語 情報に関する用語 注文方法に関する用語
信用取引 差金決済 キャピタル
ゲイン
インカムゲイン ゴールデン
クロス
デッドクロス 成行注文 IFD注文
証拠金 レバレッジ 手数料 スプレット 外国為替市場 ブローカー 指値注文 IFO注文
取引単位 ロスカット 利食い 損切り チャート ローソク足 逆指値注文 OCO注文
くりっく365 ロールオーバー 両建て 分散投資 テクニカル分析 ファンダ
メンタルズ分析
トレール注文