運営者情報  
 
 
 
TOP >> FXを知る >> 外国為替証拠金取引
 
外国為替証拠金取引

“外国為替”とは、日本円とアメリカドルのように、通貨が異なる国際間の取引において行われる決済の1つで、『外貨』と解釈されることも多くあります。

“証拠金”とは、契約内容の履行を保証する為の、担保としての金銭を言います。

つまり、『外国為替証拠金取引(=FX)』とは、“担保となる金銭を預けて外貨同士のやり取りを行う取引”のことを言います。

“通貨の売買”を発展させたFXですが、通貨の売買では発生しない“証拠金”がFXでは発生します。これは、FXが「信用取引」である為に発生し、その為にFXは投資の1つに分類される理由になります。

信用取引

通貨の売買で利益を生み出す為には、“安く買って、高く売る”という反対売買によって、商品である外貨を日本円に戻す必要があります。

この時 “反対売買を行った売上金額の中から手数料を上乗せして返金する”という契約の元、購入資金を借りて通貨の売買を行うということが出来ます。

このことを日常生活に例えると、“借入金額に利息を上乗せして毎月返済する”という契約の元、自動車などの購入資金を銀行などから借りるのと同じ行為になります。

また、“月末締め、翌月末払い”のように商品だけを先に納品して、後払いする取引も、同じ行為だと言うことが出来ます。

これらのような取引も“信用”という前提のもとに契約を行いますが、実際の「信用取引」の場合には、物理的に信用を生み出す為に「担保」という存在が関わってきます。

購入資金を貸し出す場合、貸し手は“踏み倒し”などのリスクを回避する為に、担保や連帯保証人などと行った“保証”を付けて、物理的証拠によって“信用”を作り出し、貸し出しが行われます。

FXの“証拠金”というのは、この担保や連帯保証人に当たると言えます。

このように、証拠金という担保を預けて商品の売買を行うことを「信用取引」と言い、扱う商品が外貨であるだけで、FXは信用取引という方法を使った通貨の売買法だと言えます。

不況下での取引

信用取引の特徴の1つに、“景気の好調・不調に関わらず収益を得ることが出来る”という点があります。

商売の原則は、“安く買って、高く売る”ですが、信用取引であるFXの場合、この逆の“安く売って、高く買う”ということが出来ます。

例えば、新規注文時の1ドル=100円から決済注文時の1ドル=90円に相場が変動するような場合、1ドルを日本円(1ドル=100円)で買って、決済注文で1ドルくぉ売れば、90円に値下がりしているので、10円の損失になります。

しかし、“安く売って、高く買う”という方法であれば、日本円をドルで売って(1ドル=100円)、決済注文で日本円をドルで買う(1ドル=90円)ことで差額の10円は利益になります。

これは、購入資金を借り入れすることと同じように、商品(外貨)の借り入れをして取引が行える信用取引ならではの方法で、借り入れた商品を売ることから取引をスタートさせる為“安く売って、高く買う”などの言い回しがされています。

差金決済

自動車や住宅などを購入する場合は、銀行から借りて販売店で購入をしますが、FXの場合は、この“銀行”と“販売店”が同一の取引業者になります。その為、取引の円滑化の為に「差金決済」という方法が取られます。

例えば、購入資金として100万円を借りて、その資金で外貨を購入します。その後、その外貨を売却(反対売買)する際に、為替変動により120万円相当の日本円になったとします。

この120万円という売上金の中から借入金の100万円を支払うことになりますが、借入先も売却先も同じ業者なので、120万円という金額を受け取らずに計上差額の20万円だけを受け取る、というのが差金決済の方法になります。

つまり、計算上は“借入金”“購入金”“売却金”“返済金”の計算がされますが、実際には、差額金のみの受け渡しと、別途で預ける証拠金が発生するだけになります。

この差金決済を日常生活に当てはめると、100万円の定期預金を銀行でしている状態で、60万円の借り入れをした上で定期預金を解約すれば、出金額の100万円と借入額の60万円を相殺して、差額の40万円を受け取ることと同じことだと言えます。

アメリカ(JPY/USD) EU(JPY/EUR) 中国(JPY/CNY) 南アフリカ(JPY/ZAR)
おすすめFX会社比較
投資とギャンブル 通貨の取引 外貨預金とFX 円高・円安の意味 外国為替証拠金取引 外国為替市場 取引所取引 FXによる収益 リスクとリターン リスクヘッジを知る 投資と情報 情報の種類
投資スタイルを決める 資産管理 料金設定 取引形態 口座の開設
取引額の決定 通貨ペアと決める 買いサイン・売りサイン シミュレーション 基本的な新規注文 応用的な新規注文
投資理論 リスクヘッジ 相場の動き 収益率の高い取引 両建てのワナ
決済のタイミング 決済をしない取引 基本的な決済注文 応用的な決済注文
口座残高からの出金 税金 新たな投資 強制決済後の取引
 
 
取引に関する用語 収益に関する用語 情報に関する用語 注文方法に関する用語
信用取引 差金決済 キャピタル
ゲイン
インカムゲイン ゴールデン
クロス
デッドクロス 成行注文 IFD注文
証拠金 レバレッジ 手数料 スプレット 外国為替市場 ブローカー 指値注文 IFO注文
取引単位 ロスカット 利食い 損切り チャート ローソク足 逆指値注文 OCO注文
くりっく365 ロールオーバー 両建て 分散投資 テクニカル分析 ファンダ
メンタルズ分析
トレール注文