運営者情報  
 
 
 
TOP >> FXを知る >> リスクヘッジを知る
 
リスクヘッジを知る

投資に限らず、どんなビジネスでも“リスク”は存在します。「ハイリスク・ハイリターン」と言われるように、大きな収益を上げようと思えば、相応のリスクが伴うのが必然です。

少しでも多く収益を上げようとした場合に、収益の大きさに視点が集中してしまいがちですが、実は“リスクをいかに減らすか”ということに重点をおいた方が結果的に大きな収益に繋がるものだと言われています。

つまり、 “損失を減らすことが収益を上げる為には重要”だということです。

その為、投資の世界でも「リスクヘッジ(=損失を防ぐ)」が重要視され、代表的ななリスクヘッジとして「分散投資」が基本とされています。

分散投資

分散投資とは、その名の通り「複数の投資先に資産を分散させて投資する」ということです。

例えば、複数の通貨ペアに投資することで、為替リスクを減らすことに繋がりますし、複数の取引業者で取引を行うことで、信用リスクを減らすことに繋がります。

また、外貨に投資をして資産を複数の通貨に分散させることでカントリーリスクを減らすことに繋がります。

「リスク」とは、将来起こりうる損失(危険性)のことを指しますが、一極集中させるということは、リスクが実現した時に全損してしまう可能性があるということです。

分散投資は、リスクが実現した際に全損することを回避し、更には、一方の損失を他方で補填することも可能にします。

ロスカット

分散投資の他にも様々なリスクヘッジの方法があり、「損切り」も代表的なリスクヘッジの1つになります。

損切りは通常、逆指値注文などによって、自ら行うリスクヘッジの方法ですが、殆どの取引業者では、「ロスカット」や「マージンカット」「マージンコール」などと呼ばれるリスクヘッジを設定しています。

このロスカットと言うシステムは、取引業者が自動で行う「損切り」のことで、一定の損失が出た時点で強制的に決済を行うものです。

取引業者によってロスカットの基準は異なります。

例えば、必要証拠金の30%分損失が割り込んだ場合に自動決済が行われる、というように、投資家にとっては、ロスカットになった時点で損失分を証拠金から差し引かれてしまうので、初期投資よりもマイナスになってしまいます。

ロスカットを回避する方法は、口座残高を増やしてレバレッジ倍率を下げるという方法が一般的なようです。

このロスカットは、 “投資家の資産を守る”という意味でのリスクヘッジでもありますが、万が一損失額が証拠金以上になった場合の追加証拠金の回収を回避する為の、取引業者としてのリスクヘッジでもあります。

アメリカ(JPY/USD) EU(JPY/EUR) 中国(JPY/CNY) 南アフリカ(JPY/ZAR)
おすすめFX会社比較
投資とギャンブル 通貨の取引 外貨預金とFX 円高・円安の意味 外国為替証拠金取引 外国為替市場 取引所取引 FXによる収益 リスクとリターン リスクヘッジを知る 投資と情報 情報の種類
投資スタイルを決める 資産管理 料金設定 取引形態 口座の開設
取引額の決定 通貨ペアと決める 買いサイン・売りサイン シミュレーション 基本的な新規注文 応用的な新規注文
投資理論 リスクヘッジ 相場の動き 収益率の高い取引 両建てのワナ
決済のタイミング 決済をしない取引 基本的な決済注文 応用的な決済注文
口座残高からの出金 税金 新たな投資 強制決済後の取引
 
 
取引に関する用語 収益に関する用語 情報に関する用語 注文方法に関する用語
信用取引 差金決済 キャピタル
ゲイン
インカムゲイン ゴールデン
クロス
デッドクロス 成行注文 IFD注文
証拠金 レバレッジ 手数料 スプレット 外国為替市場 ブローカー 指値注文 IFO注文
取引単位 ロスカット 利食い 損切り チャート ローソク足 逆指値注文 OCO注文
くりっく365 ロールオーバー 両建て 分散投資 テクニカル分析 ファンダ
メンタルズ分析
トレール注文