運営者情報  
 
 
 
TOP >> FXを知る >> リスクとリターン
 
リスクとリターン

主なリスク

FXを行う際に良く認識しておかなければいけないリスクとして主に下記のようなものがあります。

為替変動によるリスク

FXは外国為替相場の変動を利用して収益を上げる投資法ですが、予想に反した為替変動によって、逆に損失を生み出してしまう可能性があります。

金利変動によるリスク

FXには、スワップ・ポイントという金利による収益もありますが、各国で独自に設定される金利は、その国の情勢によって変動をします。

例えば、新規注文時には高かった相手国の金利が、金利の変動によって低くなってしまい、その結果、収益になっていたスワップポイントが損失になってしまう場合があります。

国勢によるリスク

FXの場合、株式投資などの“仕手”のように意図的に相場が乱されることは殆どありませんが、戦争や災害などを含め、その国の国勢が著しく減退した場合には、相場が極端に下がってしまい、取引内容によっては損失が出てしまう場合があります。

取引業者によるリスク

FXは、取引業者との相対取引によって行われます。その為、その取引業者が悪質な経営をしていたり、破綻などに陥ってしまった場合には、時には大きな損失になってしまう場合があります。

リターンの仕組み

FXは、その他の手段による投資に比べ、収益性の高い投資だと言えます。

FXでは、証拠金という形で担保を取引業者に預けた上でデータ上の取引が行われます。FXの収益性は、この証拠金の額に対する収益額で表されますが、この収益性を可能にしているのは「レバレッジ」という仕組みによって得ることが出来ます。

レバレッジは、「てこ」と言う意味を持っており、小さな資金で大きな取引が行えることから「レバレッジ効果」と呼ばれています。

レバレッジは、証拠金に対して借り入れ出来る金額の割合のことで、一般的に「レバレッジ倍率」などとも言われますが、この倍率は株式投資などの他の信用取引よりも遥かに大きく、取引業者によっては数百倍という倍率で設定されています。

株式投資の信用取引では数倍程度の設定が一般的なのに対して、FXでは数百倍もの倍率が可能な理由は、その安全性にあります。

株式の場合、その株券を発行しているのは一企業であり、その規模の小ささから、倒産の危険性などもあります。仮にその企業が倒産してしまえば、保有している株券の価値は無くなってしまうので、全損ということにもなり兼ねません。

一方FXの場合は、取引されるのが通貨である為、その国が滅亡するという可能性が企業が破綻する可能性に比べると遥かに小さく、その分、リスクが少ないと言えます。

つまり、その安全性の裏付けのおかげで高く設定されたレバレッジ倍率を利用することで大きな資金を投資することが可能になり、投資金額が大きいということは、その分、収益額も大きくなるということが言えます。

ちなみに、証拠金は担保として預けるものなので、決済をして取引が終了すれば、返ってきます。つまり、自由に口座から引き出せるようになります。

アメリカ(JPY/USD) EU(JPY/EUR) 中国(JPY/CNY) 南アフリカ(JPY/ZAR)
おすすめFX会社比較
投資とギャンブル 通貨の取引 外貨預金とFX 円高・円安の意味 外国為替証拠金取引 外国為替市場 取引所取引 FXによる収益 リスクとリターン リスクヘッジを知る 投資と情報 情報の種類
投資スタイルを決める 資産管理 料金設定 取引形態 口座の開設
取引額の決定 通貨ペアと決める 買いサイン・売りサイン シミュレーション 基本的な新規注文 応用的な新規注文
投資理論 リスクヘッジ 相場の動き 収益率の高い取引 両建てのワナ
決済のタイミング 決済をしない取引 基本的な決済注文 応用的な決済注文
口座残高からの出金 税金 新たな投資 強制決済後の取引

証券会社比較ランキング

投資信託比較

日経225先物取引比較

CFD取引比較

外国為替FX比較

商品先物取引比較

 
 
取引に関する用語 収益に関する用語 情報に関する用語 注文方法に関する用語
信用取引 差金決済 キャピタル
ゲイン
インカムゲイン ゴールデン
クロス
デッドクロス 成行注文 IFD注文
証拠金 レバレッジ 手数料 スプレット 外国為替市場 ブローカー 指値注文 IFO注文
取引単位 ロスカット 利食い 損切り チャート ローソク足 逆指値注文 OCO注文
くりっく365 ロールオーバー 両建て 分散投資 テクニカル分析 ファンダ
メンタルズ分析
トレール注文