運営者情報  
 
 
 
TOP >> FXを知る >> FXによる収益
 
FXによる収益

FXは通貨の売買によって収益を上げるという方法をとった投資です。FXの収益は、株式などの他の投資法と同じように“キャピタルゲイン”と“インカムゲイン”と言われる2つの収益で成り立っています。

キャピタルゲイン

キャピタルゲインとは、新規取引の時点より株式や通貨の価値が上昇することによって得られる差額の利益のことを言います。

具体的には、新規購入時に100万円の価値があった通貨が、相場の変動によって120万円になった時に売却をすることで、差額の20万円が収益になり、この収益のことを「キャピタルゲイン」と言います。

これは、“売り”からスタートした場合でも、資産価値の変動による収益となる為、同じように「キャピタルゲイン」と呼ばれます。

また、逆に変動によって出た損失のことを「キャピタルロス」と言います。

インカムゲイン

インカムゲインとは、配当金や利息などのことで、FXにおいては「スワップ・ポイント」による収益のことを言います。

2国間の金利差によって発生するスワップ・ポイントは、ポジション(取引が継続している状態の資産)を持っているだけで収益になります。

これは、銀行などの金融機関に預貯金することで加算される利息と同様のものだとも言え、その為に預貯金代わりにFXを行っている人も数多くいます。

ただし、「金利差調整」とも言われるスワップ・ポイントは、必ず収益が出るわけではありません。

例えば、日本のように低金利の国は殆ど無いため、日本円で外貨を買う場合には収益になりますが、逆に、新規注文を日本円の“売り”でスタートする場合には損失になってしまいます。

アメリカ(JPY/USD) EU(JPY/EUR) 中国(JPY/CNY) 南アフリカ(JPY/ZAR)
おすすめFX会社比較
投資とギャンブル 通貨の取引 外貨預金とFX 円高・円安の意味 外国為替証拠金取引 外国為替市場 取引所取引 FXによる収益 リスクとリターン リスクヘッジを知る 投資と情報 情報の種類
投資スタイルを決める 資産管理 料金設定 取引形態 口座の開設
取引額の決定 通貨ペアと決める 買いサイン・売りサイン シミュレーション 基本的な新規注文 応用的な新規注文
投資理論 リスクヘッジ 相場の動き 収益率の高い取引 両建てのワナ
決済のタイミング 決済をしない取引 基本的な決済注文 応用的な決済注文
口座残高からの出金 税金 新たな投資 強制決済後の取引
 
 
取引に関する用語 収益に関する用語 情報に関する用語 注文方法に関する用語
信用取引 差金決済 キャピタル
ゲイン
インカムゲイン ゴールデン
クロス
デッドクロス 成行注文 IFD注文
証拠金 レバレッジ 手数料 スプレット 外国為替市場 ブローカー 指値注文 IFO注文
取引単位 ロスカット 利食い 損切り チャート ローソク足 逆指値注文 OCO注文
くりっく365 ロールオーバー 両建て 分散投資 テクニカル分析 ファンダ
メンタルズ分析
トレール注文