運営者情報  
 
 
 
TOP >> 取引業者を決める >> 取引形態
 
選択ポイント〜取引形態

取引形体は、投資金額に対する収益率や、取引のしやすさなどに関わってくるポイントで、資産管理や料金設定に比べると重要度が低く感じられる場合もありますが、重要視すべきポイントの1つだと言えます。

レバレッジ

「レバレッジ」は、投資金額に対する収益率に関わってきます。

レバレッジは、その対象に応じて幾つかの種類に分類することが出来ますが、取引業者選びのポイントとして重要視するレバレッジは、各業者で設定されている“最大レバレッジ”になります。

具体的には、 “ハイリターン”を目的にした投資スタイルの場合には、最大レバレッジが大きい程、ハイリターンを狙うことが出来るので、レバレッジ倍率の高い取引業者を選択することが効果的な投資を行えることになります。

一方、“ハイリスク・ハイリターン”よりも“ローリスク・ローリターン”の確実な投資をスタイルとする場合には、仮にレバレッジ倍率の高い取引業者を選択しても、取引口座への残高を高くすることでレバレッジ倍率を下げることが出来るので、最大レバレッジの優先度は低くなります。

注文方法

注文方法は、取引のしやすさに影響します。

基本的な注文方法は「成行注文」「指値注文」「逆指値注文」になりますが、取引業者によっては様々な取引方法を容易されており、注文方法を上手に活用することで、より効果的な投資を行うことが出来ます。

デイトレードのように頻繁にレートのチェックを行い取引をする場合には、成行注文の比重が大きくなるので、他の注文方法の影響が少なくなりますが、中長期型の場合には、収益に大きな影響を与えます。

例えば、「トレール注文」を活用することで、レートの変動に合わせて逆指値の金額が変更されるので、通常の逆指値注文に比べて、より高い収益を得ることも可能になります。

取引単位

FXの取引には「取引単価」があり、この取引単価ごと売買を行うことになります。この取引単価は、レバレッジとの兼ね合いにより投資金額に影響を与えます。

一般的に、取引単価は“1万通貨単位”で設定されていますが、取引業者や取引プランによって、この取引単価に違いがあります。

一般的に取引単価の大きい取引プランの場合、通常のプランに比べて優遇されていることが多いので、多額の投資金額が用意出来る場合には、取引単価の大きいプランでの投資がオススメだと言えます。

また、通常は1万通貨単位での取引になりますが、中には1万通貨以下の単位で取引をおこなっている取引業者もあるので、より少額の投資金額でFXを行う場合には、通貨単位が小さく設定されているプランで取引を行うことで、レバレッジ倍率を低く抑えることも可能になります。

アメリカ(JPY/USD) EU(JPY/EUR) 中国(JPY/CNY) 南アフリカ(JPY/ZAR)
おすすめFX会社比較
投資とギャンブル 通貨の取引 外貨預金とFX 円高・円安の意味 外国為替証拠金取引 外国為替市場 取引所取引 FXによる収益 リスクとリターン リスクヘッジを知る 投資と情報 情報の種類
投資スタイルを決める 資産管理 料金設定 取引形態 口座の開設
取引額の決定 通貨ペアと決める 買いサイン・売りサイン シミュレーション 基本的な新規注文 応用的な新規注文
投資理論 リスクヘッジ 相場の動き 収益率の高い取引 両建てのワナ
決済のタイミング 決済をしない取引 基本的な決済注文 応用的な決済注文
口座残高からの出金 税金 新たな投資 強制決済後の取引

証券会社比較ランキング

投資信託比較

日経225先物取引比較

CFD取引比較

外国為替FX比較

商品先物取引比較

 
 
取引に関する用語 収益に関する用語 情報に関する用語 注文方法に関する用語
信用取引 差金決済 キャピタル
ゲイン
インカムゲイン ゴールデン
クロス
デッドクロス 成行注文 IFD注文
証拠金 レバレッジ 手数料 スプレット 外国為替市場 ブローカー 指値注文 IFO注文
取引単位 ロスカット 利食い 損切り チャート ローソク足 逆指値注文 OCO注文
くりっく365 ロールオーバー 両建て 分散投資 テクニカル分析 ファンダ
メンタルズ分析
トレール注文