運営者情報  
 
 
 
TOP >> 取引業者を決める >> 口座の開設
 
口座の開設

FXの取引を行う業者が決まれば、その取引業者でFX取引用の口座を開設することでFXを行うことが可能になります。

口座開設には、主にオンラインによる口座開設と書類の送付による口座開設があります。

FXの場合、取引がオンラインで行われるのが殆どであり、口座開設までの時間が短いことからオンラインによる口座開設が良いかと思われます。

口座開設の流れ

必要書類や口座開設の細かな流れなど、各業者によって異なってはいますが、大まかには同じような流れで口座を開設することが出来ます。

各業者の公式サイト内には、申込フォームが用意されており、その流れにそって手続きをすることで簡単に口座の開設を行うことが出来ます。

step1 約款の同意

通常、申込フォームのはじめに“申込手順” などの説明ページがあり、FXの取引に関する“約款”があります。

この約款には、個人情報の取り扱いや、取引内容、損失などの取り扱いなど、取引業者との契約内容が記されており、その契約内容に同意しなければFXの取引を行うことが出来ません。

step2 申込書の記入

約款に同意した後、契約の申込みになります。

申し込み書に、住所や氏名などの必要情報を記入します。この時に、虚偽記載内容であった場合などには、口座開設が出来ないので、正確に記入する必要があります。

step3 申込書の送付

必要事項を記載した申込書を印刷して捺印をします。その申込書に本人確認書類などの必要書類を添付し、該当する取引業者に送付します。

step4 内容の確認

送付された書類の内容に不備などが無いかなどの確認が行われ、その確認が終了すると口座が開設されて、その報告がメールなどで届きます。

場合によっては、本人確認の為の電話が来ることもあるようですが、その際にも本人であることが確認されれば、すぐに口座が開設されます。

step5 初回証拠金の入金

業者によって順番の前後があるようですが、口座が開設されるとシステムに入る為の"ログインID"や”パスワード”がメールなどで送られ、システムに入れるようになります。

そして、開設された口座に初回証拠金を入金することで、FXの取引が行えるようになります。

アメリカ(JPY/USD) EU(JPY/EUR) 中国(JPY/CNY) 南アフリカ(JPY/ZAR)
おすすめFX会社比較
投資とギャンブル 通貨の取引 外貨預金とFX 円高・円安の意味 外国為替証拠金取引 外国為替市場 取引所取引 FXによる収益 リスクとリターン リスクヘッジを知る 投資と情報 情報の種類
投資スタイルを決める 資産管理 料金設定 取引形態 口座の開設
取引額の決定 通貨ペアと決める 買いサイン・売りサイン シミュレーション 基本的な新規注文 応用的な新規注文
投資理論 リスクヘッジ 相場の動き 収益率の高い取引 両建てのワナ
決済のタイミング 決済をしない取引 基本的な決済注文 応用的な決済注文
口座残高からの出金 税金 新たな投資 強制決済後の取引
 
 
取引に関する用語 収益に関する用語 情報に関する用語 注文方法に関する用語
信用取引 差金決済 キャピタル
ゲイン
インカムゲイン ゴールデン
クロス
デッドクロス 成行注文 IFD注文
証拠金 レバレッジ 手数料 スプレット 外国為替市場 ブローカー 指値注文 IFO注文
取引単位 ロスカット 利食い 損切り チャート ローソク足 逆指値注文 OCO注文
くりっく365 ロールオーバー 両建て 分散投資 テクニカル分析 ファンダ
メンタルズ分析
トレール注文