運営者情報  
 
 
 
TOP >> 取引業者を決める >> 資産管理
 
選択ポイント〜資産管理

「FX」という投資行為を行う際には、 “信用リスク” というリスクが必ずあります。その為、信用リスクを軽減させる為に、取引業者を選定する際には幾つかのポイントに気をつける必要があります。

ここで挙げるポイントは、いずれも目安でしかありません。しかし、その目安を把握することで安心して取引が行えることになります。

重要視すべきポイントは複数あり、中には相反するポイントもあります。その為、自分の投資スタイルに合わせて優先順位を決めて取引業者を選択する必要があります。

資産管理

最も大きなチェックポイントとなるのが「資産管理」です。

FXでは、差金決済による取引が行われる為、投資する資金を取引業者に預ける必要があり、取引をした外貨も決済をするまでは手元に入りません。

その為、取引業者の元には、多くの投資家が預けた資産が集められることになりますが、その資産の管理体制によって、その取引業者の信用度を知る目安になります。

分別保管

この「分別保管」は、資産管理の最低条件になります。投資家から預かっている資産と取引業者の資産が混同されている状態だと、容易に預けられた資産を会社経費として利用することが出来るので、安心して資産を預けることが出来ません。

日本では、法令で分別保管をすることが義務付けられています。つまり、分別保管を行っていない取引業者は、法令違反を侵している業者だということができ、その業者は、取引業者としては“論外”ということになります。

また、このような業者は悪徳である為、仮に利用しても“ぼったくり”や“資産の持ち逃げ”などをされてしまう危険がかなり高いと言えます。

信託保全

日本では義務化になっていない為、法令違反ではありませんが、「信託保全」を行っていることも最低条件になります。

信託保全は、取引業者に万が一のことがあった場合の“保険”のようなシステムです。信託保全を行うということは、取引業者にとってみれば、手間も経費もかかることですが、投資家のリスクを考え、安心して取引を続けてもらう為に必要なものになります。

義務化になっていないこともあり、様々な形態の信託保全がありますが、より安全性の高い信託保全を行っている取引業者を選択するべきだと言えます。

アメリカ(JPY/USD) EU(JPY/EUR) 中国(JPY/CNY) 南アフリカ(JPY/ZAR)
おすすめFX会社比較
投資とギャンブル 通貨の取引 外貨預金とFX 円高・円安の意味 外国為替証拠金取引 外国為替市場 取引所取引 FXによる収益 リスクとリターン リスクヘッジを知る 投資と情報 情報の種類
投資スタイルを決める 資産管理 料金設定 取引形態 口座の開設
取引額の決定 通貨ペアと決める 買いサイン・売りサイン シミュレーション 基本的な新規注文 応用的な新規注文
投資理論 リスクヘッジ 相場の動き 収益率の高い取引 両建てのワナ
決済のタイミング 決済をしない取引 基本的な決済注文 応用的な決済注文
口座残高からの出金 税金 新たな投資 強制決済後の取引
 
 
取引に関する用語 収益に関する用語 情報に関する用語 注文方法に関する用語
信用取引 差金決済 キャピタル
ゲイン
インカムゲイン ゴールデン
クロス
デッドクロス 成行注文 IFD注文
証拠金 レバレッジ 手数料 スプレット 外国為替市場 ブローカー 指値注文 IFO注文
取引単位 ロスカット 利食い 損切り チャート ローソク足 逆指値注文 OCO注文
くりっく365 ロールオーバー 両建て 分散投資 テクニカル分析 ファンダ
メンタルズ分析
トレール注文