運営者情報  
 
 
 
TOP >> 新規注文 >> 買いサイン・売りサイン
 
買いサイン・売りサイン

取引をする通貨ペアが決まれば、今度は発注のタイミングです。

この売買のタイミングを見定める為には、情報の分析を行う必要がありますが、一般的に広く普及している売買の目安として、「買いのサイン」と言われる「ゴールデンクロス」と、「売りのサイン」と言われる「デットクロス」があります。

これらのサインは、短期と長期のチャートの組み合わせから導き出される目安で、テクニカル分析の1つになります。

過去の値動きを示したチャートには様々な種類がありますが、この「ゴールデンクロス」「デッドクロス」に利用されるチャートは「移動平均線」と言われるチャートになります。

この移動平均線は、その周期によって異なる曲線を描き、その周期の違う2本の平均線が交差する点が“サイン”として示されます。

ゴールデンクロス

「買いのサイン」と言われるゴールデンクロスは、2本の曲線が交差するポイントから相場が上がることを示しているとされ、そのポイントで買えば、その後は価格が上昇する為、利益を得ることが出来るという目安のポイントになります。

具体的には、2本の平均線のうち周期が短い平均線が、周期の長い平均線を下から上へ突き抜けているポイントが「ゴールデンクロス」になります。

このポイントの時点で、ポジションを持っていない場合には新規で買いの注文を、買いでスタートしたポジションを持っている場合には現状維持を、売りでスタートしたポジションを持っている場合には決済注文をする目安になります。

ただし、このゴールデンクロスは目安でしかない為、外れる場合があります。その為、複数の分析などのトータルで判断する必要があります。

デッドクロス

デッドクロスは、ゴールデンクロスの逆で「売りのサイン」と言われているポイントです。

つまり、そのポイントから相場が下落することを示しているとされ、そのポイントで売らなければ、損失が拡大してしまう可能性が高いということになります。

具体的には、2本の平均線のうち周期が短い平均線が、周期の長い平均線を上から下へ突き抜けているポイントが「デッドクロス」になります。

このポイントの時点で、ポジションを持っていない場合には新規で売りの注文を、買いでスタートしたポジションを持っている場合には決済注文を、売りでスタートしたポジションを持っている場合には現状維持をする目安になります。

ただし、このデッドクロスもゴールデンクロスと同じように目安でしかない為、外れる場合があります。その為、複数の分析などのトータルで判断する必要があります。

アメリカ(JPY/USD) EU(JPY/EUR) 中国(JPY/CNY) 南アフリカ(JPY/ZAR)
おすすめFX会社比較
投資とギャンブル 通貨の取引 外貨預金とFX 円高・円安の意味 外国為替証拠金取引 外国為替市場 取引所取引 FXによる収益 リスクとリターン リスクヘッジを知る 投資と情報 情報の種類
投資スタイルを決める 資産管理 料金設定 取引形態 口座の開設
取引額の決定 通貨ペアと決める 買いサイン・売りサイン シミュレーション 基本的な新規注文 応用的な新規注文
投資理論 リスクヘッジ 相場の動き 収益率の高い取引 両建てのワナ
決済のタイミング 決済をしない取引 基本的な決済注文 応用的な決済注文
口座残高からの出金 税金 新たな投資 強制決済後の取引

証券会社比較ランキング

投資信託比較

日経225先物取引比較

CFD取引比較

外国為替FX比較

商品先物取引比較

 
 
取引に関する用語 収益に関する用語 情報に関する用語 注文方法に関する用語
信用取引 差金決済 キャピタル
ゲイン
インカムゲイン ゴールデン
クロス
デッドクロス 成行注文 IFD注文
証拠金 レバレッジ 手数料 スプレット 外国為替市場 ブローカー 指値注文 IFO注文
取引単位 ロスカット 利食い 損切り チャート ローソク足 逆指値注文 OCO注文
くりっく365 ロールオーバー 両建て 分散投資 テクニカル分析 ファンダ
メンタルズ分析
トレール注文