運営者情報  
 
 
 
TOP >> 新規注文 >> 取引額を決める
 
取引額を決める

取引する通貨ペアを決め、発注のタイミングを見定めたら、実際に発注することになりますが、その際には“取引金額を決める”必要があります。

FXはレバレッジを利かせることで大きな資金の取引を行うことが出来ますが、ハイリターンを望めば、その分ハイリスクを抱えることにもなってしまいます。

その為、予め自分で負うことの出来るリスクの大きさに応じて取引額を決めておく必要があります。

レバレッジ倍率

レバレッジ倍率とは証拠金に対する取引金額の割合を示したもので、レバレッジ倍率を高く設定することで、その分少ない証拠金で多額の取引を行うことが出来ます。

つまり、このレバレッジ倍率を調整することで“ハイリスク・ハイリターン”の取引から“ローリスク・ローリターン”の取引まで可能になります。

証拠金とレバレッジ

担保として取引業者に預ける証拠金ですが、この証拠金は主に「必要証拠金」「受入証拠金」「使用可能証拠金」などがあります。

  • 必要証拠金
  • この証拠金は、ポジションを維持するのに必要な最低限の証拠金になります。取引業者によって%(パーセント)で設定されている場合と、通貨単位ごとに設定されている場合があります。

    各業者が提示している“最大レバレッジ”とは、この必要証拠金と取引額との割合のことを表しています。

  • 受入証拠金
  • この証拠金は、FX取引用の口座に入金されている口座残高をことを言います。

    レバレッジ倍率を調節する際に対象となる証拠金になり、仮に取引している通貨ペアが1つであった場合、取引金額と同額の受入証拠金があれば、レバレッジ倍率は1倍になり、取引金額の1/50が口座残高として入金されていればレバレッジ倍率50倍ということになります。

  • 使用可能証拠金
  • この証拠金は、口座残高のうち現在保有しているポジションの必要証拠金を差し引いた余剰分の証拠金になります。

    つまり、使用可能証拠金が多ければ多いほど、レバレッジ倍率が低くなり、その分リスクが少なくなります。

これらの証拠金は、各業者によって様々な呼ばれ方がされていますが、どの取引業者でも必要証拠金については明記されています

FXでは一時的に損失が出てしまう場合もありますが、損失によって必要証拠金を一定以上割り込んだ場合には、「ロスカット」の対象になってしまい、強制的に決済されてしまう可能性があります。

その為、そのことを念頭において取引額を決める必要があります。

アメリカ(JPY/USD) EU(JPY/EUR) 中国(JPY/CNY) 南アフリカ(JPY/ZAR)
おすすめFX会社比較
投資とギャンブル 通貨の取引 外貨預金とFX 円高・円安の意味 外国為替証拠金取引 外国為替市場 取引所取引 FXによる収益 リスクとリターン リスクヘッジを知る 投資と情報 情報の種類
投資スタイルを決める 資産管理 料金設定 取引形態 口座の開設
取引額の決定 通貨ペアと決める 買いサイン・売りサイン シミュレーション 基本的な新規注文 応用的な新規注文
投資理論 リスクヘッジ 相場の動き 収益率の高い取引 両建てのワナ
決済のタイミング 決済をしない取引 基本的な決済注文 応用的な決済注文
口座残高からの出金 税金 新たな投資 強制決済後の取引

証券会社比較ランキング

投資信託比較

日経225先物取引比較

CFD取引比較

外国為替FX比較

商品先物取引比較

 
 
取引に関する用語 収益に関する用語 情報に関する用語 注文方法に関する用語
信用取引 差金決済 キャピタル
ゲイン
インカムゲイン ゴールデン
クロス
デッドクロス 成行注文 IFD注文
証拠金 レバレッジ 手数料 スプレット 外国為替市場 ブローカー 指値注文 IFO注文
取引単位 ロスカット 利食い 損切り チャート ローソク足 逆指値注文 OCO注文
くりっく365 ロールオーバー 両建て 分散投資 テクニカル分析 ファンダ
メンタルズ分析
トレール注文