運営者情報  
 
 
 
TOP >> 決済注文 >> 応用的な決済注文
 
応用的な決済注文

「指値注文」や「逆指値注文」をより使いやすくした様々な注文方法が、各取引業者で設定されています。

その中でも多くの取引業者が取り入れている注文方法として「OCO(オー・シー・オー)注文」があります。

OCO注文

「One Cancel the Other」を略して「OCO」と呼ばれているこの注文方法は、指値注文と逆指値注文を同時に行う注文方法です。

片方が約定すれば、ポイションを手放してしまうことになるので、必然的にもう一方はキャンセルになるという意味で「One Cancel the Other」と呼ばれているようです。

この方法によって、「利食い」と「損切り」と言う2つのリスクヘッジを利かせることが可能になります。

ただし、指値注文や逆指値注文と同じように、指定している価格が相場変動とかけ離れているような場合には、意味をなしません。

トレール注文

この注文方法は、「逆指値注文」をアレンジした注文方法になります。

逆指値注文は、損切りの為の注文で、現在の価格よりも相場が悪くなって指定した価格に到達すると約定になります。

この時、一時的に大きく相場が良くなった後に指定価格まで悪くなってしまえば、利益を取り損ねて損切りしたことになります。

このような場合に、利益の取り損ねを防ぐのが「トレール注文」になります。

つまり、相場が良くなれば、その変動に応じて逆指値の指定価格も変動するという注文方法です。

トレール注文は、指定する価格が通常の相場の価格ではなく、 “値幅の価格”を指定します。

値幅の指定をすることにより、その値幅を保った状態で為替の変動に追従していきます。

しかし、逆指値をアレンジした注文方法なので、指定した値幅を超えるほど相場が悪くなった時には、その価格で約定されます。

全決済注文

OCO注文に比べると採用している取引業者は少ないですが、「全決済注文」も多くの取引業者が扱っています。

この注文方法は、その名の通りで保有しているポジションを全て決済してしまう注文方法です。この注文方法は、発注時点の価格で約定する「成行注文」になります。

アメリカ(JPY/USD) EU(JPY/EUR) 中国(JPY/CNY) 南アフリカ(JPY/ZAR)
おすすめFX会社比較
投資とギャンブル 通貨の取引 外貨預金とFX 円高・円安の意味 外国為替証拠金取引 外国為替市場 取引所取引 FXによる収益 リスクとリターン リスクヘッジを知る 投資と情報 情報の種類
投資スタイルを決める 資産管理 料金設定 取引形態 口座の開設
取引額の決定 通貨ペアと決める 買いサイン・売りサイン シミュレーション 基本的な新規注文 応用的な新規注文
投資理論 リスクヘッジ 相場の動き 収益率の高い取引 両建てのワナ
決済のタイミング 決済をしない取引 基本的な決済注文 応用的な決済注文
口座残高からの出金 税金 新たな投資 強制決済後の取引
 
 
取引に関する用語 収益に関する用語 情報に関する用語 注文方法に関する用語
信用取引 差金決済 キャピタル
ゲイン
インカムゲイン ゴールデン
クロス
デッドクロス 成行注文 IFD注文
証拠金 レバレッジ 手数料 スプレット 外国為替市場 ブローカー 指値注文 IFO注文
取引単位 ロスカット 利食い 損切り チャート ローソク足 逆指値注文 OCO注文
くりっく365 ロールオーバー 両建て 分散投資 テクニカル分析 ファンダ
メンタルズ分析
トレール注文