運営者情報  
 
 
 
TOP >> 取引後の処理 >> 口座残高からの出金
 
口座残高からの出金

投資の目的は“資産を増やすこと”と言えます。FXでは取引業者を通じて取引専用の口座を開設して取引を行います。つまり、投資によって増やした資産もその口座に入金されている状態になっているということです。

実際に増やした資産を使うには、その口座から出金することになりますが、実は出金の内容は各取引業者によって若干異なっています。

出金までの時間

取引業者の多くは、取引口座から出金をするのに数日の営業日を要する場合があります

これは、取引銀行の繁忙状況にもよりますが、主な理由としては「信託保全」を行っている為だと言えます。

つまり、取引口座の管理を行っているのは、取引業者ではなく信託銀行であることから、出金の際にも取引業者を仲介して出金手続きが行われる為、そのタイムラグによって、時間がかかってしまいます。

取引業者の中には、当日中に出金できる業者もあります。短時間で出金が出来るのは、取引業者と信託銀行の関係にもよると思われますが、信託保全などを行っていないことによって短時間で出金が可能な場合は注意が必要です。

出金出来る通貨

日本でFXを行う場合には、日本の取引業者と取引をすることになると思われます。日本円で入金して取引を行うことが殆どになると思われるので、日本円で出金するのは当たり前と思われるかもしれません。

しまし、中には入金も出金も外貨で行うことが出来る取引業者もあります。

例えば、FXで資産を増やし、その資産を使って海外旅行などに行く場合などには、入出金を外貨で出来る取引業者は大変重宝します。

このような取引業者を利用すれば、現地に着いてから必要に応じて出金することが出来るので、安全面においても利用価値が高いと言えます。

また、FXの取引自体は、インターネットを使って世界中のどこでも取引を行うことが出来るので、海外でFXをしながら現地の通貨で入出金をすることも可能です。

外貨の受け渡し

外貨で出金する方法の1つに“外貨の受け渡し”があります。

FXでは、外貨を買ったとしても外貨を受け取ることはありません。これは、反対売買をして決済をするのが前提の差金決済を採用しているからです。

しかし、この買った外貨を受け取ることで外貨を出金することが可能な取引業者もあります。

ただし、“外貨の受け渡し”を行えば、外貨での出金は可能ですが、受け渡しという形で決済が行われているので、当然スワップ・ポイントなどのFXによる収益を得ることは出来ません。

アメリカ(JPY/USD) EU(JPY/EUR) 中国(JPY/CNY) 南アフリカ(JPY/ZAR)
おすすめFX会社比較
投資とギャンブル 通貨の取引 外貨預金とFX 円高・円安の意味 外国為替証拠金取引 外国為替市場 取引所取引 FXによる収益 リスクとリターン リスクヘッジを知る 投資と情報 情報の種類
投資スタイルを決める 資産管理 料金設定 取引形態 口座の開設
取引額の決定 通貨ペアと決める 買いサイン・売りサイン シミュレーション 基本的な新規注文 応用的な新規注文
投資理論 リスクヘッジ 相場の動き 収益率の高い取引 両建てのワナ
決済のタイミング 決済をしない取引 基本的な決済注文 応用的な決済注文
口座残高からの出金 税金 新たな投資 強制決済後の取引
 
 
取引に関する用語 収益に関する用語 情報に関する用語 注文方法に関する用語
信用取引 差金決済 キャピタル
ゲイン
インカムゲイン ゴールデン
クロス
デッドクロス 成行注文 IFD注文
証拠金 レバレッジ 手数料 スプレット 外国為替市場 ブローカー 指値注文 IFO注文
取引単位 ロスカット 利食い 損切り チャート ローソク足 逆指値注文 OCO注文
くりっく365 ロールオーバー 両建て 分散投資 テクニカル分析 ファンダ
メンタルズ分析
トレール注文