運営者情報  
 
 
 
TOP >> 取引後の処理 >> 税金
 
税金

FXは収益を目的とした投資の1つです。その為、FXで得た収益も所得として申告し、金額に応じた税金を納めなければいけません。

収益にかかってくる税金には、「所得税」と「住民税」がありますが、一般のサラリーマンの場合、これらの税金は、給料から天引きという形で会社が納税の手続きを行っています。

一般のサラリーマンがFXで収益を上げた場合には、会社が納税している分の他に収益分の税金を自分で納めなければいけません。

2つの課税方式

FXによる収益は一般的に、「総合課税」という課税方式によって税金額が決定しますが、公設取引所のくりっく365を利用した場合に限り「分離課税」という課税方式が取られます。

総合課税

総合課税とは、一般的な給与などのFX以外の所得とFXによる収益を合算した所得額に対して、課せられる課税方式です。

 
所得税の税率
年収 税率
〜195万円 5%
〜330万円 10%
〜695万円 20%
〜900万円 23%
〜1,800万円 33%
1,800万円〜 40%
 

住民税の税率

住民税の税率は、住民票がある都道府県や市町村によって異なります。
最高税率10%

 

つまり、給与所得が年収600万円の人が、FXで100万円の収益があった場合、総所得額が700万円になる為、23%の所得税(161万円)を納めることになります。

さらに、所得税とは別に住民税として最高10%の税金を納めることになります。

分離課税

分離課税とは、給与所得などとは別々に計算される課税方式で、くりっく365を利用することで適用になる課税方式です。

くりっく365による収益には、金額に関わらず一律20%の税金がかかってきます。

つまり、給与所得が年収600万円の人が、FXで100万円の収益があった場合、給与所得の税率20%とFXの収益にかかる税率20%が別々に計算され、給与所得分の所得税120万円と、FXによる収益分の所得税20万円で、合計140万円の所得税額になります。

節税ポイント

上記の例からわかるように、全ての所得の合計額によって税金の金額が変わってきます。

総合課税と分離課税の有利性
年収 税率  
〜195万円 5% ↑総合課税がお得
〜330万円 10%
〜695万円 20%
〜900万円 23% ↓分離課税がお得
〜1,800万円 33%
1,800万円〜 40%

また、FXによる収益を含め、雑所得額が20万円以下の場合には、申告の必要がないため、税金を払った残りが20万円を切る場合には、申告をしないというのも節税になります。

アメリカ(JPY/USD) EU(JPY/EUR) 中国(JPY/CNY) 南アフリカ(JPY/ZAR)
おすすめFX会社比較
投資とギャンブル 通貨の取引 外貨預金とFX 円高・円安の意味 外国為替証拠金取引 外国為替市場 取引所取引 FXによる収益 リスクとリターン リスクヘッジを知る 投資と情報 情報の種類
投資スタイルを決める 資産管理 料金設定 取引形態 口座の開設
取引額の決定 通貨ペアと決める 買いサイン・売りサイン シミュレーション 基本的な新規注文 応用的な新規注文
投資理論 リスクヘッジ 相場の動き 収益率の高い取引 両建てのワナ
決済のタイミング 決済をしない取引 基本的な決済注文 応用的な決済注文
口座残高からの出金 税金 新たな投資 強制決済後の取引

証券会社比較ランキング

投資信託比較

日経225先物取引比較

CFD取引比較

外国為替FX比較

商品先物取引比較

 
 
取引に関する用語 収益に関する用語 情報に関する用語 注文方法に関する用語
信用取引 差金決済 キャピタル
ゲイン
インカムゲイン ゴールデン
クロス
デッドクロス 成行注文 IFD注文
証拠金 レバレッジ 手数料 スプレット 外国為替市場 ブローカー 指値注文 IFO注文
取引単位 ロスカット 利食い 損切り チャート ローソク足 逆指値注文 OCO注文
くりっく365 ロールオーバー 両建て 分散投資 テクニカル分析 ファンダ
メンタルズ分析
トレール注文