運営者情報  
 
 
 
TOP >> 手数料で比較
 
手数料で比較

FXの取引で、手数料として加算されているものに、「売買手数料」「スプレット」「スワップ・ポイント」があります。

売買手数料とスプレットは1回の取引ごとにかかってくる手数料となり、スワップ・ポイントはポジションを保有している間にかかってくる手数料になります。

これらの手数料を比較する際に、最も流通量が多い“USD/JPY”を対象に、新規売買と決済売買の2回の売買で「売買手数料」「スプレット」を、1万通貨の1日分の売りと買いの差額で「スワップ・ポイント」の比較をしてみます。

各社の手数料設定
  売買手数料 スプレット 合計   スワップ・P
サイバーフォレックス 往復500円 500円 1,000円 10円
FXプライム 往復400円 400円 800円 30円
フォーランド
・オンライン
0円 500円 500円 2円
CMS forex 0円 300円 300円 約20円
ディールブック360 0円 300円 300円 4円
フィリップ
ファイナンシャルズ
往復500円 500円 1,000円
H.F.「くりっく365」 往復1,050円 300円 1,350円 0円
INV@ST
「くりっく365」
往復420円 300円 720円 0円
ネットレFX 往復730円 300円 1,030円 0円

売買手数料とスプレットによる手数料を比較した場合には、往復で300円という安さで「CMS forex」「ディールブック360」が最も安くなりました。同様にスワップ・ポイントにおいては、くりっく365の3社が最安です。

トータルで見た時には、「ディールブック360」が最も有効だということが分かります。

上表から結論を出せば、売買手数料が無料の取引業者が手数料を安く抑えるには効果的だということが分かります。

 
  注文方法で比較  
通貨ペアで比較 手数料で比較
取引機能で比較 証拠金で比較
各社FXサービスの紹介
日本国内のFX 外資系のFX くりっく365のFX
サイバー
フォレックス
CMS forex H.F.「くりっく365」
FXプライム ディールブック360 INV@ST
「くりっく365」
フォーランド
・オンライン
フィリップ
ファイナンシャルズ
ネットレFX
アメリカ(JPY/USD) EU(JPY/EUR) 中国(JPY/CNY) 南アフリカ(JPY/ZAR)
おすすめFX会社比較
投資とギャンブル 通貨の取引 外貨預金とFX 円高・円安の意味 外国為替証拠金取引 外国為替市場 取引所取引 FXによる収益 リスクとリターン リスクヘッジを知る 投資と情報 情報の種類
投資スタイルを決める 資産管理 料金設定 取引形態 口座の開設
取引額の決定 通貨ペアと決める 買いサイン・売りサイン シミュレーション 基本的な新規注文 応用的な新規注文
投資理論 リスクヘッジ 相場の動き 収益率の高い取引 両建てのワナ
決済のタイミング 決済をしない取引 基本的な決済注文 応用的な決済注文
口座残高からの出金 税金 新たな投資 強制決済後の取引

証券会社比較ランキング

投資信託比較

日経225先物取引比較

CFD取引比較

外国為替FX比較

商品先物取引比較

 
 
取引に関する用語 収益に関する用語 情報に関する用語 注文方法に関する用語
信用取引 差金決済 キャピタル
ゲイン
インカムゲイン ゴールデン
クロス
デッドクロス 成行注文 IFD注文
証拠金 レバレッジ 手数料 スプレット 外国為替市場 ブローカー 指値注文 IFO注文
取引単位 ロスカット 利食い 損切り チャート ローソク足 逆指値注文 OCO注文
くりっく365 ロールオーバー 両建て 分散投資 テクニカル分析 ファンダ
メンタルズ分析
トレール注文